格安SIMがキャリア携帯と比べて安く使える3つの理由

 

格安SIMを利用する際、
それも今までずっとAUやドコモ、ソフトバンクなどのキャリア携帯を利用してきた場合、
なぜ格安SIMがキャリア携帯と比べてこれだけ安く使えるのか
疑問に思う人もいるだろう。

 

そこで今回は、
格安SIMはキャリア携帯と比べて安く使える理由について、
話をしていきたいと思う。

 

独自の基地局を構えていない

 

まず初めに、
独自の基地局を構えていないこと

 

マイネオを始めとした、
MVNOは、
キャリア携帯とは違い、
独自の基地局を持たず、
各種キャリアの電波の一部を借りている状態である。

 

参照:MVNOに関する簡単な説明

 

自社で基地局を所有していないので、
その分キャリアと比較して基地局の維持費などの固定費用がかからないので、
キャリア携帯と比較して、
安く利用することが出来るということである。

 

店舗を構えていないこと

 

次に、
店舗を構えていないこと

 

AUやドコモ・ソフトバンクなどは、
駅前やショッピングモールには必ずと言っていいほど店舗が存在し、
店舗でもサービスを受けることは可能であるが、
格安SIMの場合は、
店舗が極端に少ない。

 

簡単に言うと、
人件費や店舗を所有するための費用がキャリア携帯よりもかかっていないので、
その分、
費用を抑えることが出来るということである。

 

サービスが悪い

 

最後に、
サービスが悪いこと

 

格安SIMは、
キャリア携帯に比べて、
サービスが悪い。

 

スマホの機種も最新の機種を選ぶことは出来ないし、
またアフターサービスの質、
そして通信速度もキャリア携帯と比べて遅い時間帯が存在する

 

もしキャリア携帯から格安SIMに変えても、
料金が同じか、
もしくは、
そこまで料金がそこまで変わらないならば、
間違いなくキャリア携帯を利用した方がいいだろう。

 

全体的なサービスの質がキャリア携帯よりもよくないので、
その分費用を抑えることが出来ているということである。

 

終わりに

 

当然だが、
キャリア携帯にはキャリア携帯の、
格安SIMには格安SIMのメリット・デメリットが存在する。

 

質の良いサービスを求めるならば、
キャリア携帯や、
格安SIMの中でも、
比較的通信速度が安定していて、
また店舗の数が多く、
アフターサービスが充実している、
UQモバイル、
Yモバイルなどを利用するべきだろう。

 

しかし、
私のように、
とにかくスマホを安く使いたいと、
安さにこだわる人間ならば、
マイネオに乗り換えをしても、
後悔は少ないように思う。