SIMロックとSIMフリーに関しての簡単な説明

 

格安SIMのことを検討する際に、
SIMロックとかSIMフリーとかの言葉を耳にしたり目にする機会も多いと思う。

 

格安SIMやスマホなどにあまり精通していなければ、
そもそもSIMロックやSIMフリーなどの言葉の意味も分からないと思うので、
せっかくなので、
SIMロックとSIMフリーに関して簡単な説明をしていこうと思う。

 

SIMロックとは

 

SIMロックとは簡単に言うと、
キャリア携帯(AU・ドコモ・ソフトバンクなどの大手携帯会社)が
自社で購入したスマホなどを他社キャリアや格安SIMなどのMVNOに使用されないために、
自社で購入してもらった携帯端末は自社回線でしか使わせなくさせるようにしたものである。

 

つまり、
AUで購入したスマホはAU回線でしか利用することが出来ず、
ドコモで購入したスマホはドコモ回線でしか利用することが出来ず、
ソフトバンクで購入したスマホはソフトバンク回線でしか利用することが出来ないということである。

 

逆にSIMフリーとは、
そういうった制限は一切無く、
どこの回線業者やまたMVNOでも、
自由に使えるといったものである。

 

iPhoneで説明をすると

 

別にiPhoneで説明をする必要は無いのだけど、
iPhoneで説明をすると、
例えばドコモでiPhoneのスマホを新しく契約したとする。

 

そうすると、
ドコモで契約したiPhoneはSIMロックされており、
基本的にはドコモ回線でしか利用出来ない。

 

ドコモから仮に格安SIMに乗り換える際に関しても、
ドコモ回線を利用した格安SIMの回線でしか、
利用することは出来ない。

 

これが、
SIMロックである。

 

ドコモで購入した携帯を例えばドコモ以外の回線を利用しているMVNOで使おうと思った場合は、
SIMロックを解除する必要がある。

 

逆に、
iPhoneで言うならば、
例えばアップルストアなどで購入するiPhoneは、
SIMフリーのiPhoneになっており、
どこの回線でも利用することが出来るのが特徴である。

 

またちなみにだが、
2015年5月以降は、
各携帯会社のSIMロック解除が法律で義務化され、
2015年5月以降に発売されたスマートフォンに関しては、
ほとんどのスマホで、
SIMロックの解除は可能である。
(SIMロックの手続きは自分でする必要があるが。)

 

終わりに

 

私がiPhone6を、
当時AUからマイネオに乗り換えた際は、
私のiPhone6はSIMロックされており、
AU回線への切り替えしかできなかったが、
(2015年5月以前に購入したiPhoneだったため、
SIMロックの解除も出来なかった。)
今からスマホを格安SIMの乗り換える場合は、
ほとんどのスマホがSIMロック解除することが出来るため、
そこまでSIMフリーやSIMロックに関して、
気にする必要は無いように思う。

 

ちなみにマイネオの場合、
AU・ドコモ・ソフトバンク全ての回線に対応しているので、
SIMロックの解除をする必要無く、
どのキャリアのスマホを利用していようが、
マイネオは利用することが出来るのが特徴である。