MVNOに関する簡単な説明

 

格安SIMのことに関して調べていると、
MVNOという言葉を見たり、
耳にする機会もあるように思う。

 

格安SIMをまだ利用したことが無かったり、
格安SIMのことに関してあまり詳しくないような状態だと、
MVNOという言葉の意味がわかりにくいように思う。

 

そこで今回は、
せっかくなので、
MVNOについて
簡単に説明をしていこうと思う。

 

MVNOとは

 

MVNOとは
Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略で、
簡単に言うと、
自社で基地局などを持たない企業(事業者)が、
自社で基地局などの電波媒体を持つ企業から電波を借りて
通信関係のサービスを展開している企業のことである。

 

 

参照:「MVNO」ってなに?格安SIMや格安スマホと関係あるの?

 

例えば、
ドコモ・AU・ソフトバンクなどは、
自社の基地局を所有しているが、
その基地局の電波を借りてサービスを展開しているのが、
MVNOである。

 

電波を借りているため、
多くのMVNOでは料金はキャリア(ドコモ・AU・ソフトバンク)よりも安く設定されているが、
その分電波の質などはキャリアと比べて劣ることが特徴である。

 

ちなみにだが、
格安SIMの会社のほぼすべてはMVNOであり、
(一部Yモバイルや、
UQモバイルは自社で回線を所有しているが。)
なぜ格安SIMの料金が安いかと言われれば、
自社で基地局を持たない分
基地局の維持費などもろもろの諸経費がかかっていないからである。