総合的に考えてメリットがあるならば契約期間の途中でもキャリア携帯を解約して格安SIMに乗り換えるのもあり

 

もしあなたが今現在キャリア携帯と契約していて、
もしキャリア携帯を解約してでも
格安SIMに乗り換えた方がメリットがあると思うのであれば
契約期間の途中であってもキャリア携帯を解約して格安SIMに乗り換えるのはありである。

 

理由

 

このこともあえて話をすることでは無いと思うが、
(普通に格安SIMを検討するユーザーは考えると思うため。)
もしあなたのスマホ料金などが、
格安SIMに乗り換えたら、
キャリア携帯を比べて大幅に安くなるのではれば、
契約途中でも、
思い切って解約して、
格安SIMに乗り換えるのもありである。

 

例えば、
あなたが毎月、
5000円スマホ(携帯キャリア)に支払っていたとして、
契約期間はちょうど1年、
スマホの代金はすでに支払っている(完済している)ものとする。

 

その際に、
例えば途中解約して、
発生する違約金が、
9500円の解約金だけとする。

 

そうなった場合、
例えば格安SIMの乗り換えて、
毎月の料金が2000円になるのであれば、
5000円ー2000円で、
毎月3000円浮くことになり、
3000円×12=36000円分、
キャリア携帯を使っているよりも、
格安SIMに乗り換えた方が得になる。

 

つまり、
仮にキャリア携帯を途中解約したとしても、
36000円ー9500円=26500円、
金銭だけを比較すれば浮くことになり、
単純に金銭面だけで比較すれば、
途中解約をしても、
十分得になるということである。

 

終わりに

 

勿論、
実際に乗り換えとなると、
ここまで単純では無いと思うが、
もし金銭的に、
キャリア携帯から格安SIMに乗り換えて、
物凄くメリットがあるのであれば、
解約金を支払ってでも、
キャリア携帯を解約して格安SIMに乗り換えるのはありである。

 

逆に、
縛り期間のある2年間は使い切った方が、
メリットがあると思うのであれば、
2年間は使い切ってから、
格安SIMに乗り換えるのがいいだろう。