マイネオの3つのメリットと3つのデメリット

 

格安SIMというのは、
今ではたくさんのサービスが存在し、
格安SIMが気になっていたり、
また思い切ってキャリア携帯を解約して格安SIMにしようと思っていても、
どの格安SIMが自分に適しているか、
わからない人も多いだろう。

 

そこで今回は、
実際にマイネオの格安SIMを利用している私から、
マイネオのメリットとデメリットについて、
話をしていこうと思う。

 

メリット

 

まずはマイネオのメリットから、
話をしていこうと思う。

 

とにかく安い

 

まず初めに、
とにかく安いこと

 

使い勝手にもよるが、
マイネオを利用すれば、
毎月のスマホ代を、
1500円程度にすることが可能である。

 


↑実際の私がマイネオに支払っている月額料金

 

おそらくだが、
ほとんどの人が、
スマホ一台につき、
7000〜8000円毎月支払っていることを考えれば、
キャリア携帯を解約して、
マイネオを利用すること脅威の節約になるだろう。

 

圧倒的に、
スマホ代が安くなることは、
マイネオの最大のメリットである。

 

総合的に考えるとサービスは悪くない

 

次に、
総合的に考えるとサービスは悪くないこと

 

勿論、
これだけスマホの料金が安くなるので、
格安SIM、
そしてマイネオにはデメリットもあるのだけど、
総合的に考えれば、
マイネオはバランスが取れて、
いいサービスだと思う。

 

ちなみにだが、
私はキャリア携帯(AU)からマイネオに乗り換えて1年以上経つが、
マイネオのサービスに対して、
今のところ一切の不満は無い。

 

参照:キャリア(AU)携帯からマイネオに乗り換えて1年経った感想

 

縛りが1年しかない それ以降はいつ解約してもいい

 

最後に、
縛りが1年しかなく、
それ以降はいつ解約してもいいこと

 

AUやドコモ、
ソフトバンクなどのキャリア携帯の場合、
2年縛りというものがあり、
2年毎に解約をしなければ、
解約金が発生するのだけど、
マイネオの場合、
解約金がかかるのは最初の1年間だけで、
それ以降はいつ解約しても解約金がかからないというのも、
マイネオの大きなメリットだろう。

 

デメリット

 

では次に、
マイネオのデメリットについて、
話をしていこうと思う。

 

回線速度が遅い

 

まず初めに、
回線速度が遅いこと

 

マイネオは遅い

 

というか、
マイネオに限らず格安SIM全般に言えることなのだけど、
キャリア携帯の回線速度に比べて、
マイネオは明らかに遅い
(そもそもマイネオはAUやドコモ、
ソフトバンクから、
料金を支払い電波一部の回線を借りている状態なので、
本家のAUやドコモよりも、
通信速度や通信の安定性がよくなることはまずありえない
もしマイネオの通信速度が、
AUやドコモよりもよくなったり、
同じくらいよくなれば、
マイネオに比べて、
圧倒的に料金の高い、
キャリア携帯にする人が、
今よりも圧倒的に少なくなってしまうため。)

 

なので、
スマホをヘビーユーズする人だったり、
混むといわれている、
お昼や夕方の時間帯に、
スマホを猛烈に使う人は、
マイネオは向いていないだろう。

 

機種が限られている

 

次に、
機種が限られていること

 

これも、
格安SIM全般に言えることなのだけど、
格安SIMは、
キャリア携帯のように、
最新機種や人気機種を選びたい放題では無く、
選べる機種は決まってくる

 

とはいうものの、
シムフリーの携帯を、
自分で購入すればいいだけの話なのだけど、
機種が限られているのは、
デメリットに感じる人もいるだろう。

 

店舗が少ない

 

最後に、
店舗が少ないこと

 

マイネオは店舗が猛烈に少ない

 

とはいっても、
マイネオの店舗は基本販売のみで、
店舗に行っても、
何かしてくれるわけではないのだけど、
何か困った時に店舗に行って、
店員に助けてもらっているような人にとっては、
デメリットだろう。

 

終わりに

 

マイネオのメリット・デメリットは、
大体こんなところだろう。

 

個人的には、
キャリア携帯よりも、
圧倒的に安くなり、
私としてはデメリットもデメリットと感じないので、
上記にあげたようなデメリットが気にならない人は、
マイネオ及び格安SIMは非常におすすめのサービスと言えるだろう。